スポンサーサイト

  • 2013.01.14 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    なかよし

    • 2012.06.10 Sunday
    • 08:52
    ジジくんは、インコの「きなこちゃん」となかよし。

    たまに、鳥かごからでてきたきなこちゃんに、そっと近寄り見つめ合っています。

     はじめは、おそってしまうかなと思って近づけないようにしていましたが、鳥かごにいるときにきなこちゃんにつつかれていたので、上下関係が上だと思って出してあげたらなかよくしてくれました。
    ジジのお部屋にきなこちゃんがとまりににきてもしっぽを振ってこのようす。

    頭の上にちょこんと乗るツーショットが見られるのを楽しみにしています。

    (鳥と犬との飼いあわせは犬や鳥の性格によりますので、慎重にしてください。どうしたら仲良くなるか、我が家はネットでたくさん調べました。)

    スポンサーサイト

    • 2013.01.14 Monday
    • 08:52
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは

      はじめまして、秋海と申します。
      綺麗な鳥ですね。
      コザクラでしょうか、それともボタンでしょうか。
      我が家も小鳥を飼っていて、ちょっと聞いて欲しいお話があってコメントしました。
      レオナルド(Mダックス♂)がまだ1歳になってなかった頃、荒鳥の文鳥を飼っていました。
      普段から興味津津だったので、襲うだろうと思い、ジジファミリーさんの様に近づけないようにしていましたが、鳥籠を掃除した時うっかり部屋に放れてしまいました。
      あっ!しまった!!と思った一瞬後には、狩猟本能からか、目の色を変えたレオナルドが素早い動きで、低空を飛ぶ文鳥をダイビングキャッチしていました。
      口の端から白い尾羽と細い足がはみ出てていたのを、今でもしっかり覚えています。
      「だめーー!レオ君!!」と叫んで抑えつけようとしたらレオナルドの口から逃れた文鳥がバタバタと1メートル程移動し、再びレオナルドが襲いかぶりつきました。
      私も叫びましたが、文鳥も「ジ!ジ!ジ!」と断末魔の叫びをあげていました。
      もう命はないと思いました。
      しかし口をこじ開け救出したところ、目をまん丸に見開いて仰天していましたが、傷一つなく無事な様子でした。
      籠に戻したら肩で息をしていましたが、その後特変なくしばらくすると落ち着きました。
      どういう行動だったのか、今でもわかりません。
      もしかしたら逃げた小鳥を捕まえてくれたのか
      いや、そんなことない
      遊ぼうと思ったのか、うーん…。
      でも優しいレオ君なので、もしかしたらジジ君ときなこちゃんの様な関係になれたかもしれませんね。
      • 秋海
      • 2012/06/10 11:41 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM